第1回佐田岬半島編1

※これは2006年頃のデータですので一部変わっているところがあると思います。確認の上お出かけください。

佐田岬半島は最近、三崎・瀬戸・伊方の3町が合併し、新に伊方町となりました。
そんな、佐田岬を第1回目にしてみました。

松山〜大洲

四国から九州に向かってビヨーンと伸びているのが佐田岬。
8:40ごろ松山道へ。
途中伊予灘SAによりつつ松山インターから40分ほどで大洲インター(愛媛県大洲市)へ。
距離で42km程度。
もちろん、半額引き圏内。
9時までに入口料金所を通過していれば、出口で9時を過ぎていても適用される。

大洲市内

大洲市内は市街地を迂回する無料の大洲道路が松山道と直結。
規制速度は60Kmですが、一部片側2車線のオール立体交差。
西予宇和方面への松山道と直結している。
その大洲道路を終点ぎりぎりの大洲南I.Cで降りる。
ここで降りないとこの先は、有料になり、15km先の宇和まで行かなければならなくなる。

大洲〜八幡浜〜佐田岬半島

大洲南インターを出ると宇和島方面と八幡浜方面の分岐があり、八幡浜方面へ。
市の境に夜昼トンネルという長く、ちょっと圧迫感のあるトンネルが出現。
それを超えると港町八幡浜。古い漁業の街だ。
市内を抜けると、大規模な道路工事。地域高規格道路八幡浜大洲自動車道だそうで。
この下にある現道のトンネルは、トンネル部分だけが1.5車線で、
かなりの交通量の幹線道路にしては・・・。一刻も早い新道の開通が期待される。
ここから、保内、伊方と走り抜けると、いよいよ佐田岬半島。
走りながら入れ違いに瀬戸内海と宇和海が見えてくる。
ひとまず、走りっぱなしで佐田岬を目指す。

まだまだつづく 佐田岬半島編2