鳥飼仁和寺大橋有料道路でETCXサービス

大阪府の有料道路「鳥飼仁和寺大橋有料道路」でETCXによる料金収受が始まるそうです。

鳥飼仁和寺大橋有料道路は大阪府摂津市と寝屋川市を結ぶ淀川に架かる橋です。

普通車の料金が100円であることから100円橋とも呼ばれているそうです。
従来は現金の他、回数券や各種電子マネーによる料金収受を行っていましたが、現金以外の部分をETCXに置き換えるそうです。

現在、ETCXを有料道路で利用出来るのは静岡県の「修善寺道路」と「伊豆中央道」のみ。こちらの鳥飼仁和寺大橋有料道路3例目となります。

ETC導入という事で、喜ぶ方もいらっしゃるかと思いますが、単純にETCさえ車についていれば使えるわけではありません。

まず、ETCXの利用登録を予め行う必要があります。この際、ETCパーソナルカードでは登録が出来ません。クレジットカードに紐ついたETCカードで登録する必要があります。

そして、料金所では必ず一旦停止が必要です。この為、従来のETCに慣れている方は料金所で注意が必要です。今まで通り料金所では止まることを忘れないようにしましょう。

今回のETCXの導入に合わせ「まいど割」というのが導入されます。これは、道路の利用回数により割引されるという物で、割引を受ける場合にはETCXの利用登録とは別途、大阪府道路公社での登録が必要です。

今までの回数券や電子マネーの方が、便利だったという方もいらっしゃるかもしれませんが、この支払い方法は廃止になってしまうので、キャッシュレスで利用されたい方はETCXの利用登録を、利用回数の多い方はまいど割の登録も合わせてお忘れ無く。

大都市圏の大阪でのETCX開始という事で、新しいETCの利用法である「ETCX」普及のきっかけになるか否か見ていきたいと思います。

ETCX - ETCのスイスイを街のなかでも。
ETCXなら、運転席でキャッシュレス決済。かんたん登録で、ETCが街なかでのお支払いにも利用できるようになるサービスです。
大阪府道路公社
大阪府道路公社は大阪府の区域及び周辺地域等において、有料道路の維持・管理及び新設等を行うことにより、交通の円滑化を図り、住民の福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的とした、地方道路公社法に基づき設立された特殊法人です。大阪市中央区の本社を拠点とし、箕面有料道路、鳥飼仁和寺大橋有料道路に管理事務所を構えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました